ビジネス情報サイト『bizocean(ビズオーシャン)』が、『ワークフロー総研』と共同で「脱ハンコ時代に備えようデジタル稟議特集」サイトを提供開始

~脱ハンコ時代に向けた業務フローの可視化・電子化をわかりやすく解説~

株式会社ビズオーシャン(住所:東京都中央区、代表取締役社長 是枝 周樹、以下 ビズオーシャン)は、同社が運営するビジネス情報サイト『bizocean(ビズオーシャン)』において、株式会社エイトレッド(住所:東京都渋谷区、代表取締役社長 岡本 康広、以下 エイトレッド)が運営する『ワークフロー総研』(所長 岡本 康広)の提供による提携コラム特集「脱ハンコ時代に備えよう デジタル稟議特集」<https://www.bizocean.jp/column/degitalringi/>を2020年12月9日から公開したことを発表します。

同特集は「中小ベンチャーの生産性向上」をビジョンとして掲げるビズオーシャンが運営する『bizocean(ビズオーシャン)』と、設立以降ワークフローの専門家集団としてワークフローに関する課題に立ち向かってきたエイトレッドが運営する『ワークフロー総研』が、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進により今後も普及が進む業務フローの可視化・電子化を「デジタル稟議」として提唱し、今後やってくる脱ハンコ時代に対応した企業活動の業務効率化を支援することを目的に「デジタル稟議」についてわかりやすく説明しています。

「なぜデジタル稟議が必要なのか?」といった説明から、脱ハンコ時代とは何かという解説、ワークフローに関する調査結果などデジタル稟議に関する解説コラムを随時ご紹介します。また、稟議に関連する書式テンプレートもダウンロードできます。

ビズオーシャンでは、「中小ベンチャーの生産性向上」を自社のビジョンとして掲げ、ビジネスドキュメント作成の負担を軽減する様々なサービスを提供しています。今後も日本経済の屋台骨を支える中小ベンチャー企業を支援していきます。

■株式会社ビズオーシャンについて
ビズオーシャンは、「中小ベンチャーの生産性向上」を目的に、300万人を超える会員が登録するビジネス情報サイト『bizocean(ビズオーシャン)』https://www.bizocean.jp/、対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』https://spalo.jp/や無料パスワード付きファイル送付サービス『Temply(テンプリー)』https://temply.bizocean.jp/など、業務効率化を実現するさまざまなサービスを提供しています。

◆株式会社エイトレッドについて
エイトレッドは、稟議書や総務・人事諸届、経費精算などの社内申請手続きを行うワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」「X-point(エクスポイント)」及び、ワークフロークラウドサービス「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」を開発、全国の販売パートナーを通じて3,000社を超える企業・自治体・官公庁・教育機関などに導入されています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社ビズオーシャン 開発部
Tel:03-5148-1213 Fax:03-5148-1215
E-mail: support@bizocean.co.jp

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ビズオーシャン 広報担当
Tel:03-5148-1212 Fax:03-5148-1215
E-mail: pr-info@bizocean.co.jp
URL:https://www.bizocean.co.jp/