JA鹿追町がスマホとLINEによって、農業現場における事務作業を効率化

株式会社ビズオーシャン(東京都中央区、代表取締役社長 堀 貢一、以下 ビズオーシャン)は、同社の対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』<https://spalo.jp/>が、鹿追町農業協同組合(北海道河東郡鹿追町、代表理事組合長 木幡浩喜、以下 JA鹿追町) <http://www.ja-shikaoi.com/>の作業現場向け管理ソリューションとして導入されたことを発表いたします。同サービスを導入することで、作業内容と勤務時間の報告をスマートフォンとLINEによって農作業の現場で行うことが可能となりました。

詳細はプレスリリースをご覧下さい。

今後ともビズオーシャンをよろしくお願い致します。