自社で帳票チャットボットを作成できる開発プラットフォームサービス『SPALO Maker(スパロメーカー)』を販売開始

株式会社ビズオーシャン(東京都中央区、代表取締役社長 堀 貢一、以下 ビズオーシャン)は、帳票を作成する入力チャットボットを自社で作成することができる開発プラットフォームサービス『SPALO Maker(スパロメーカー)』<https://spalo.jp/maker/>を2019年11月21日から発売することを発表いたします。同サービスは、対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』<https://spalo.jp/>における新サービスとなります。

詳細はプレスリリースをご覧下さい。

今後ともビズオーシャンをよろしくお願い致します。